2018年11月16日(金)

副操縦士「酒飲んでない」と大声 日航機長2人も処分へ

記者会見する日航の赤坂祐二社長=16日午後、東京都港区

 大量飲酒を理由に英国の現地警察に逮捕された日航のロンドン発羽田行きの副操縦士が、飲酒の影響が残っているとの疑いで呼び出したロンドン・ヒースロー空港の保安担当者に対し「酒は飲んでいない」と大声を出していたことが分かった。呼び出し理由は、副操縦士に告げられていなかった。日航が16日の記者会見で明らかにした。

 副操縦士は、自社の呼気アルコール検査を不正にすり抜けたことが判明している。日航は英国での刑事手続きを待って副操縦士を厳正に処分する。同じ便に乗務予定だった機長2人も、相互確認が不十分で監督責任を果たしていないとして、処分する方針。既に乗務から外している。

(共同通信)

購読申し込み 携帯サイト