2019年9月19日(木)

公立小中学校、冷房教室は77% 酷暑で前年比19ポイント大幅増

公立小中学校普通教室の冷房設置率の推移

 文部科学省は19日、全国の公立小中学校の普通教室約38万3500室のうち、冷房が設置されている割合は今月1日時点で77・1%だったと発表した。前年同期比19・1ポイントの大幅増。最近の酷暑を踏まえた政府の熱中症対策で、学校の冷房設置費に充てる臨時交付金を2018年度に創設、自治体への支援を強化したことが影響した。

 調査を始めた1998年7月時点の設置率は3・7%。伸びは当初緩やかだったが、繰り返す猛暑で学校の学習環境改善を求める声が高まり、近年は急増している。

 普通教室は、主に通常の授業を行う教室。

(共同通信)

購読申し込み 携帯サイト