2018年9月21日(金)

世界柔道、志々目と阿部詩決勝へ 女子52キロ級で日本勢の対決に

 【バクー共同】柔道の世界選手権第2日は21日、バクーで男女各1階級が行われ、女子52キロ級は昨年覇者の志々目愛(了徳寺学園職)と初出場の18歳、阿部詩(兵庫・夙川学院高)が決勝に進み、2年連続の日本勢対決となった。

 志々目は初戦の2回戦から2試合連続で一本勝ち。準決勝では3大会連続3位のエリカ・ミランダ(ブラジル)に優勢勝ちした。阿部詩は初戦の2回戦から4試合連続で全て一本勝ちした。

 男子66キロ級で2連覇を狙う阿部詩の兄、阿部一二三(日体大)は初戦の2回戦から4試合を勝ち上がり、準決勝へ進出。3試合で一本勝ちを決めた。

(共同通信)

購読申し込み 携帯サイト