2017年3月30日(木)

伊方3号機差し止め認めず 広島地裁「不合理でない」

四国電力伊方原発3号機の運転差し止めを求めた仮処分申し立てが却下され、広島地裁前に掲げられた垂れ幕=30日午後

 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転を差し止めるよう瀬戸内海を挟んだ広島県の住民らが申し立てた仮処分について、広島地裁は30日、却下する決定をした。住民側は広島高裁に即時抗告する方針。

 同様の仮処分では、大阪高裁も28日、関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転を差し止めていた昨年3月の大津地裁決定を取り消しており、住民側には再び厳しい判断となった。

 吉岡茂之裁判長は東京電力福島第1原発事故後に策定された原発の新規制基準について「不合理とは言えない」と指摘。四国電は安全性の基準となる地震の揺れや津波を適正に定めていると判断した。

(共同通信)

購読申し込み 携帯サイト