2017年2月25日(土)

内田前都連幹事長、引退へ 「都議会のドン」高齢で

内田茂都議

 前自民党東京都連幹事長の内田茂都議(77)=千代田区選出=が25日、7月の都議選に出馬せず、議員を引退する意向を正式に表明した。都内で開かれた党千代田総支部の会合後、取材に応じた。小池百合子知事が「都議会のドン」と指摘し、対立姿勢を示していた都連の実力者で中央政界にも影響力を持っていた。

 内田氏は高齢と健康上の問題を理由に挙げ、「今後4年間、都議として活動をできるか不安に感じていた」と説明。おととしの暮れには決断していたという。

 千代田区では、5日投開票の区長選で自民推薦の新人候補が小池知事の支援した現職に大敗した。

(共同通信)

購読申し込み 携帯サイト