2019年3月21日(木)

米FRB、年内は利上げせず 世界減速、景気判断下げ

記者会見する米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長=20日、ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は20日、2019年の利上げ回数をゼロと見込み、利上げをしない考えを示した。昨年12月時点に予想した2回から下方修正した。世界経済の減速を警戒し、金融引き締め政策から様子見姿勢への転換を鮮明にした。

 米国の景気判断を引き下げ、金融危機後に大量のお金を市場に流すために買った米国債など保有資産の縮小も9月末に停止する。

 FRBは20日開いた金融政策を協議する連邦公開市場委員会(FOMC)で、主要政策金利を年2・25〜2・5%に据え置くことを決めた。

(共同通信)

購読申し込み 携帯サイト