2019年3月21日(木)

大阪府知事選に2氏届け出 都構想、維新政治が争点

 大阪府知事選が21日告示され、自民党が推薦する無所属新人の元副知事小西禎一氏(64)と、政治団体・大阪維新の会新人の前大阪市長吉村洋文氏(43)の2人が届け出た。24日告示の大阪市長選とともに4月7日に投開票される。

 大阪維新が掲げる「大阪都構想」の是非や、市長と知事が辞職し、立場を入れ替えてダブル選を仕掛ける手法への評価が主な争点となりそうだ。公明党府本部が小西氏を推薦、立憲民主党府連、共産党府委員会が自主的に支援するなど「維新包囲網」が敷かれた。

 25年の大阪・関西万博やカジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致への取り組みを巡る論戦も予想される。

(共同通信)

購読申し込み 携帯サイト