2020年6月4日(木)

政府、東京五輪の簡素化を検討 観客削減やPCR検査案も

ライトアップされた、国立競技場前の五輪マークのモニュメント

 新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京五輪・パラリンピックを巡り、政府が大会時の感染予防のため、運営方式の簡素化について検討を始めたことが4日、分かった。従来通りの通常開催を目指す一方で、観客の削減のほか、選手を含む大会関係者や観客へのPCR検査など医療態勢整備も対策案として出ている。

 菅義偉官房長官は、安倍晋三首相が掲げた「完全な形」での東京五輪・パラリンピック開催方針を維持するかどうか明言を避けた上で「安心、安全な大会にすることも極めて大事だ」と説明。東京都の小池百合子知事は「いろんな研究を国や組織委と連携してやっていきたい」と述べた。

(共同通信)

購読申し込み 携帯サイト