2018年9月21日(金)

自民改憲案提出に反対51% 「安倍1強」57%が問題視

自民党総裁選で連続3選を決め、記者会見する安倍首相=20日午後、東京・永田町の党本部

 共同通信社が20、21両日、自民党総裁選で安倍晋三首相が連続3選を果たしたのを踏まえて実施した全国緊急電話世論調査によると、首相が秋の臨時国会に党改憲案の提出を目指していることに「反対」との回答は51・0%に上り、「賛成」の35・7%を上回った。首相が政治や行政の意思決定で大きな力を持つ「安倍1強」を「問題だ」と答えた人が57・4%、「問題ない」は33・6%だった。

 首相の連続3選を「評価する」は29・7%にとどまり、「評価しない」は24・9%、「どちらとも言えない」は44・7%だった。

 安倍内閣の支持率は47・4%。前回調査から3・2ポイント上昇した。

(共同通信)

購読申し込み 携帯サイト