2019年1月29日(火)

浦和学院・蛭間や花咲徳栄・野村ら33人、県高野連が表彰 南・北埼玉大会の優秀選手

日本学生野球協会表彰選手に選ばれた浦和学院の蛭間拓哉中堅手=28日午後、さいたま市民会館おおみや
第100回全国高校野球選手権記念大会、南埼玉大会の優秀選手たち
第100回全国高校野球選手権記念大会、北埼玉大会の優秀選手たち

 県高校野球連盟(吉沢紀生会長)は28日、さいたま市民会館おおみやで日本学生野球協会表彰選手と昨夏の第100回全国高校野球選手権記念南・北埼玉大会の優秀選手計33人を表彰した。

 日本学生野球協会優秀選手には、昨夏の甲子園で32年ぶりに8強入りしたチームを攻守でけん引した浦和学院の前主将・蛭間拓哉中堅手が選ばれた。埼玉西武に入団した渡辺勇太朗投手(浦和学院)と日本ハムに入った野村佑希投手(花咲徳栄)は式を欠席した。

 南埼玉大会の優秀選手には、優勝した浦和学院から最多の5人が選出された。

 浦和学院の佐野涼弥左翼手は「大変なことも多かったが、今後壁にぶち当たった時に乗り越えられる自信がついた」と力を込める。経験を糧に、進学する中大では本来の投手で勝負して、4年後のプロ入りを狙う。同大会で準優勝した川口の前主将・安西友紀左翼手は「長いようで短い、あっという間の3年間。充実していた」と思いをはせた。

 北埼玉大会の優秀選手には初となる夏の埼玉大会4連覇を達成した花咲徳栄から最多の5人、準優勝の上尾から3人が表彰された。

 花咲徳栄の前主将・杉本直希左翼手は「もう高校野球をできない寂しさはあるけれど、先輩たちの日本一を見ることができ、昨夏は甲子園でプレーもできた。徳栄に入って本当に良かった」と笑顔を見せた。

 上尾のエース右腕として躍進の原動力となった木村歩夢投手は、「人として大人になれたと思う。仲間と監督に感謝したい」。国際武道大でも硬式野球を続け、将来は体育教師になり野球の指導者を目指すという。

 式では、第91回選抜高校野球大会の21世紀枠県候補校に推薦された松山の表彰も行われた。

■憧れの背中、追いかけ/浦和学院・蛭間

 日本学生野球協会表彰選手に輝いた蛭間は、「選んでいただけたのは光栄なことでうれしい。やってきたことは間違いじゃなかった」と屈託のない笑顔で喜びを表現した。

 高校日本代表にも選ばれ走攻守、三拍子そろっているのが武器だが、特に左打席からの強烈な打球は目を見張るものがある。

 進路については、プロ志望届を出すのか、大学からプロ入りを目指すのか、「かなり迷いました」。それでも「実力がまだ足りないし、体も弱い部分がある。レベルアップして4年後、自信を持ってプロに行きたい」と早大進学を決めた。

 いい見本がいる。浦和学院から早大に進み、今季ロッテにドラフト3位で入団した小島投手の存在だ。早大で主将を担った4学年上の先輩に対し、「先頭に立っている姿がかっこいいし、憧れ。自分もそういうふうになりたい」。ポジションは異なるが、掲げる選手像は一緒だ。

 「波がなく、1年を通じて打てる打者になりたい」。浦和学院の3年間で森監督から最も教わった「気持ち」の大切さも胸に刻み、心技体で一流を目指す。

【日本学生野球協会表彰選手】

 蛭間拓哉中堅手(浦和学院)

【第100回全国高校野球選手権記念南埼玉大会優秀選手】

 渡辺勇太朗投手、河北将太投手、佐野涼弥左翼手、上野暖人右翼手、小町竜梧一塁手(以上浦和学院)安西友紀左翼手、大島康生二塁手、豊田将生右翼手(以上川口)土師健太郎捕手、柳沢真輝右翼手(以上聖望学園)高波寛生二塁手、山本修平遊撃手(以上川越東)依田昌樹遊撃手(朝霞)大野竜也捕手(ふじみ野)星山祥輝投手(川口市立)太賀龍丈投手(市川越)

【同北埼玉大会優秀選手】

 野村佑希投手、田谷野拳世捕手、新井英一一塁手、倉持賢太二塁手、杉本直希左翼手(以上花咲徳栄)木村歩夢投手、小川竜太朗二塁手、日野吉彬右翼手(以上上尾)岡崎良介投手、島田峻志中堅手(以上滑川総合)谷口颯捕手、比嘉蓮右翼手(以上昌平)須賀悠太遊撃手(正智深谷)佐藤幹太遊撃手(早大本庄)石田光稀一塁手(白岡)馬場渉左翼手(本庄東)

購読申し込み 携帯サイト