2018年10月8日(月)

<秋季大会>30年ぶり、秋の王座争う 強力打線の春日部共栄か、粘りの東農大三か 8日決勝の行方は

1年生ながら長打や一発が期待できる春日部共栄の3番平尾
最速145キロの直球でねじ伏せる東農大三のエース飯島
決勝戦の組み合わせ

 秋季県高校野球大会は8日、県営大宮で春日部共栄―東農大三(10時)の顔合わせで決勝が行われ、秋の王座を争う。Bシードの春日部共栄が唯一残ったシード勢の意地を見せ、15年ぶり6度目の栄冠を手にするのか、20年ぶりに決勝へ進んだ東農大三が快進撃を初優勝で飾るのか。30年ぶりとなった両校の決勝対決の行方を展望した。

購読申し込み 携帯サイト