2018年10月4日(木)

<秋季大会>5日準々決勝 意地のぶつかり合いに好試合期待 4強懸けた熱戦、各試合の見どころは

最速138キロの直球と鋭い変化球で試合をつくる浦和実・豆田
3試合を1人で投げ抜き、計2失点の上尾・エース寺山
準々決勝以降の組み合わせ

 秋季県高校野球大会は5日、県営大宮と市営大宮で準々決勝を行い、ベスト4が決定する。花咲徳栄、浦和学院の本命視されていたAシード2校が敗れ、波乱が起きた一方でBシードの春日部共栄と聖望学園は順当に勝ち上がった。今夏の北埼玉大会で準優勝した上尾は公立で唯一、8強入り。10年ぶりに進出した東農大三のほか埼玉栄、浦和実、立教新座、山村学園ら私学勢が4強を懸けて熱戦を繰り広げる各試合の見どころを探った。

購読申し込み 携帯サイト