2018年8月15日(水)

<甲子園>連覇逃すも王者の意地に拍手 花咲徳栄の学生コーチやマネジャー、選手支えた最高の3年間に感謝

スタンドから声援を送る花咲徳栄3年生マネジャーの(右から)阿部蘭さん、関ちはるさん、吉野里菜さん=14日午後、兵庫県西宮市の甲子園球場
スタンドで応援する花咲徳栄学生コーチの鯵坂亮裕さん

 第100回全国高校野球選手権記念大会第10日は14日、兵庫県西宮市の甲子園球場で2回戦3試合を行い、前年王者の花咲徳栄は6―8で横浜に破れ連覇を逃した。一時は7点差まで広がったビハインドを終盤に追い上げる展開。惜敗したナインらに、スタンドから温かい拍手が送られた。

購読申し込み 携帯サイト