2018年7月24日(火)

<南埼玉大会>試合を振り返る 抜群の浦学投手力 初決勝進出の川口、川越東、聖望学園も際立つ 本塁打量産

浦和学院―川口 5年ぶりの夏の甲子園出場を決め、マウンドで喜ぶエース河北(中央)ら浦和学院ナイン=県営大宮

 南埼玉大会決勝が行われた23日は、熊谷市で国内の観測史上最高気温となる41・1度を記録した。気象庁によると、県営大宮球場があるさいたま市では、大会期間中の平均最高気温は昨年より約2度高い35度。決勝は39・3度と最も暑かった。

購読申し込み 携帯サイト