2018年7月22日(日)

<北埼玉大会>花咲徳栄は滑川総合にコールド勝ち 上尾は昌平破り決勝戦へ進出

花咲徳栄−滑川総合 2回表花咲徳栄1死満塁、満塁ホーマーを放った新井が笑顔で生還
上尾−昌平 4回表上尾1死一、三塁、小林の犠飛で三塁走者木村が勝ち越しの生還

 第100回全国高校野球選手権記念北埼玉大会は22日、埼玉県さいたま市大宮区の県営大宮球場で準決勝2試合を行い、昨夏の全国王者で県史上初の4連覇が懸かるAシード・花咲徳栄が20年ぶりの優勝を狙った滑川総合を11−0の5回コールドで退け、34年ぶりの甲子園を目指す上尾は、初の4強入りをした昌平を7−3で破り決勝戦へと駒を進めた。

購読申し込み 携帯サイト