2018年7月22日(日)

<南埼玉大会>川口、短打連ね初の挑戦権 序盤の大量得点で流れ 2年生エース岩城が完投、強力打線を手玉

最後の打者を打ち取り、両手を挙げて喜ぶ川口のエース岩城

 (南埼玉大会準決勝 21日・県営大宮)

 二回に集中打で5点を先制した川口が快勝した。二回、2死走者なしから大島、岩城の連打で一、二塁を築くと相馬、池田の連続適時打で2点。さらに満塁とし、押し出し四球と佐藤の2点中前打で突き放した。先発岩城は被安打7で2失点完投。

 川越東は0―5の四回に吉藤が左越えソロで1点を返したが序盤の大量失点で焦りが生まれ、7安打放つも3併殺と打線のつながりを欠いた。

【画像】球児の活躍をプレイバック!高校野球PHOTOギャラリー

■工夫重ね独特の型 完投のエース岩城

 川口の2年生エース岩城が2失点完投でチームを初の決勝に導いた。「この1年、後ろを信頼して打たせて取るピッチングを続けてきた」と、右横から丁寧にコースを突いて川越東の強力打線を手玉に取った。

 球持ちのいい独特の変則フォームは「早くAチームに上がるため。普通に投げていては目立たない」と高校入学後に自ら編み出したもの。当初は下手投げにたどり着いたが「球速が出ず、制球が甘くなると打たれる」と今春の大会後にリリースポイントを横に変えた。

 「前回の登板では制球が乱れた」と課題に挙げていた立ち上がりを無失点で切り抜けると、二回には味方打線が5得点。これで乗った。四回には左越えソロを許したが、「点差もあったので切り替えられた」と9回を投げ切り、川越東の飛球アウトは11に達した。持ち味を発揮できた証しだ。

 「とにかくうれしいです」と喜びをかみしめる背番号1は春の王者・浦和学院が待ち受ける決勝を見据え、「自分たちよりも力があるのは分かっている。チャレンジャー精神が大事」と表情を引き締めた。

【南埼玉】

▽準決勝

川越東
000100001|2
05010100×|7
川口

購読申し込み 携帯サイト