2018年7月18日(水)

<南・北埼玉大会>ペットボトルふたも開けられず…闘病の上尾・主将、支えられ克服 3塁コーチで活躍、4強進出

三塁コーチを務める上尾の日下春人主将=18日、市営大宮球場

 グラウンドでナインを鼓舞できない自分が主将でいいのか―。県立上尾高校野球部の日下春人主将(18)は関節リウマチを患い、白球から遠ざかる日々に、自問した時期があった。高野和樹監督(50)や仲間から「無理するな」「我慢しろ」と励まされ、癒やされた。背番号20。この夏、打席には立てないかもしれない。「諦めなければ何事も克服できることを示したい」。もう下は向かない。

購読申し込み 携帯サイト