2018年5月3日(木)

<春季大会>浦和学院が2戦連続完封、花咲徳栄は集中打で逆転し関東進出 4日決勝戦、3年連続の同カード

山村学園―浦和学院 山村学園打線を4安打完封した浦和学院の先発河北
花咲徳栄―ふじみ野 2回裏花咲徳栄1死、井上が左越え本塁打を放つ。捕手大野

 (3日・県営大宮) 第7日は準決勝2試合を行い、花咲徳栄と浦和学院がそれぞれ勝って決勝進出を決めた。両校は関東大会(19〜23日・千葉)への出場権を手にし、花咲徳栄は3年連続10度目、浦和学院は6年連続19度目の出場となる。決勝進出は花咲徳栄が3年連続10度目、浦和学院は6年連続17度目。

購読申し込み 携帯サイト