2016年10月9日(日)

<秋季県大会>花咲徳栄、春日部共栄を破る 浦和学院と10日に決勝

春日部共栄―花咲徳栄 6回表花咲徳栄1死満塁、千丸の中前打で二塁走者綱脇が生還する。捕手又吉

 (9日・県営大宮)

 第6日は準決勝の残り1試合を行い、花咲徳栄が春日部共栄に8―0と七回コールド勝ちした。花咲徳栄は決勝進出、関東大会の出場は2年連続11度目。8日に決勝へ勝ち上がった浦和学院と花咲徳栄が決勝で顔を合わせるのは2年連続8度目。

 花咲徳栄は3番西川が3安打5打点と大活躍。三回に西川、4番野村の連続適時打で2点を先制した。五回にも西川の2点二塁打で加点し、六回にも4点を追加した。

 最終日は10日、県営大宮で決勝(10時)が行われる。

■10日の試合

【県営大宮】

▽決勝

浦和学院―花咲徳栄(10時)

購読申し込み 携帯サイト

Sponsored