2019年12月3日(火)

<川口いじめ>絶対に許されない…武南署の捜査書類に「いじめ受けた生徒に原因ある」 虚偽認め母親に謝罪

いじめ被害者の母親は「警察で虚偽記載はあってはならないことだと思う」と語った=2日、武南署前
市が裁判所に証拠として提出し、虚偽記載と分かった武南署の書面「管理票」

 川口市立中学校でいじめを受けた元男子生徒(17)が市に損害賠償を求めている裁判を巡り、市がさいたま地裁に証拠として提出した武南署の捜査関連書面に虚偽の記載があった問題で、同署と県警本部少年課、文書課の担当者らが2日、同署で原告の母親と面談し、書面の内容に事実と違う記載があることを認めて謝罪し、訂正を約束した。

購読申し込み 携帯サイト