2019年9月11日(水)

大学生4人、販売会社を提訴 虚偽の勧誘…消費者金融から借り入れさせてまで高額商品購入させた疑い/地裁

記者会見する若者投資・マルチ商法被害対策弁護団の長田淳団長(右)と上原伸幸事務局長=10日午後、さいたま市

 虚偽の勧誘で不当に高額な投資用USBソフトを購入させられたとして、県内に住む20代前半の大学生男女4人が10日、コンピューター周辺機器の輸入販売会社「アイテックジャパン」(東京都品川区西五反田2丁目)と同社関係者を相手取り、約236万円の損害賠償を求める訴訟をさいたま地裁に起こした。

購読申し込み 携帯サイト