2019年7月22日(月)

<参院選>自民・古川氏がトップで3選、公明・矢倉氏も再選 立民・熊谷氏、共産・伊藤が初当選

当選が決まり、支持者らと万歳で喜び合う古川俊治氏(後列中央)=21日午後8時12分、さいたま市浦和区の選挙事務所

 令和初の国政選挙となる第25回参院選は21日、投開票が行われ、公選法改正で改選数が1増の4となった埼玉選挙区は、自民党現職の古川俊治氏(56)がトップで3選を果たした。自民から推薦を受けた公明党現職の矢倉克夫氏(44)も再選を決め、「自公で2議席」を維持した。野党は、参院選初挑戦の立憲民主党新人の熊谷裕人氏(57)、共産党新人の伊藤岳氏(59)がそれぞれ初当選。立民は勢いを見せ、共産は富樫練三氏以来、21年ぶりの議席獲得を果たした。投票率は前回より5・45ポイント低下し、46・49%だった。

購読申し込み 携帯サイト