2019年7月3日(水)

<参院選>埼玉選挙区、現新9人が立候補準備 主要6党中心に激戦の予想、独自色を懸命にアピール

 第25回参院選は4日、公示される。公選法の改正により、埼玉選挙区は今回から改選数が3から4に増加。これまでに自民党と公明党の現職2人と、立憲民主党、国民民主党、共産党、日本維新の会、諸派の新人7人の計9人が立候補を準備しており、21日投開票に向けて論戦が本格スタートする。今回も主要政党6党を中心にした激戦が予想され、各陣営は独自色を懸命にアピール。決戦を前に、各氏が掲げるスローガンやキャッチフレーズを紹介する。

購読申し込み 携帯サイト