2019年7月2日(火)

親子死亡 息子殺害の疑い、知人ら2人を再逮捕…十数カ所の刺し傷 親殺害も視野に捜査、親は溺死/所沢

親子の遺体が発見された住宅=1日午後4時ごろ、所沢市西所沢1丁目(画像を処理しています)
記者会見する近藤佑一所沢署長(左)と木村宏志県警捜査1課長=1日午後3時半ごろ、所沢署

 昨年2月、所沢市の無職入江富美子さん=当時(76)=方で親子2人の遺体が見つかった殺人事件で、次男の幼稚園バス運転手大崎欣孝さん=当時(53)=を殺害したとして、所沢署捜査本部は1日、殺人の疑いで、いずれも住所不定無職の男(54)と男(43)=いずれも窃盗罪で公判中=を再逮捕した。県警は男らが入江さんを殺害した疑いも視野に継続して捜査する。

 再逮捕容疑は共謀の上、昨年2月7日から翌日までの間、所沢市西所沢1丁目の入江さん方で、大崎さんの腹や背中を刃物のようなもので突き刺し、血気胸により殺害した疑い。県警は共犯事件として認否を明らかにしていない。

 捜査本部によると、大崎さんには体の前面を中心に十数カ所の傷があった。一部は肺などの臓器に達する損傷があり、致命傷になったとみられる。県警は現場から刃物8本を押収。いずれかが凶器とみて調べている。

 大崎さんと54歳男は中学校の同級生。54歳男は入江さん方に住み、身の回りの世話を手伝っていた。43歳男は54歳男の知人で、入江さん方に出入りしていた。

 入江さんと大崎さんは昨年2月8日午後、1階の浴室で遺体で発見された。司法解剖の結果、入江さんの死因は溺死だった。

 県警は昨年2月9日、捜査本部を設置し、殺人事件として捜査を開始。同12日、大崎さんの遺体を浴室に放置したとして、死体遺棄容疑で男ら2人を逮捕した。

 昨年3月6日には入江さん名義のキャッシュカードを使用して現金を引き出したとして窃盗容疑で再逮捕。さいたま地検は窃盗罪で起訴し、公判が進んでいた。死体遺棄容疑は処分保留となっている。

 約1年3カ月後の今年6月19日には、大崎さんの携帯電話を盗んだとして、2人を再逮捕。43歳男は6月18日、窃盗罪の判決が延期になっていた。

購読申し込み 携帯サイト