2019年7月1日(月)

まん丸ふわふわのコッペパン、サンドはお好みで 川越・グリンコーヒー元町1号店、人気の組み合わせは

コッペパンプレート
社長の大谷周平さん

 コッペパンがメインのプレートメニュー。種類が豊富なコッペパンのメニューから好みの2種類を選び、グリーンサラダとスープ、ゴボウのマリネといった総菜が付いて税込み800円。

 まん丸でふわふわのコッペパンにサンドするのは、イチゴジャムマーガリン(単品180円)、ハムチーズ(320円)、ツナポテトサラダ(340円)、カスタードホイップ(250円)、はちみつマーガリンホイップ(280円)などレギュラーメニューが14種類。

 このうちコッペパンプレートで人気の組み合わせは「ハムたまご」(340円)と「十勝あんバターホイップ」(330円)だ。通りを隔てたはす向かいにある運営会社の大谷周平社長(40)は「プレートにすることで単品で注文するより、お得感が増し、喜ばれている」とPRする。

 同社は同様にコッペパンメニューを提供する市内の大工町店ほか、会社の階下に併設するコーヒーロースター店を運営。大谷社長の両親が営んでいた定食屋が、社長が弟和正さん(39)と切り盛りしたイタリア料理店となり、そこにロースター店を開設した。

 コッペパンプレートをドリンク付き(別に200円)で注文するなら、厳選した豆で入れるコーヒーがお薦めだ。

■グリンコーヒー元町1号店

 川越市元町1の1の20(電話049・298・7006)。パフェとフローズンをかけ合わせたドリンク「パーズン」シリーズも人気で、「コーヒージェリーパーズン」(ショート・税込み580円)などお薦め。営業は午前8時〜午後6時(夏季期間は午後7時まで)。不定休。

購読申し込み 携帯サイト