2019年3月23日(土)

元県議の不起訴処分に不服 「偽造領収書で政活費詐取は悪質な行為」市民オンブズマン、審査を申し立て

 さいたま地検が、領収書を偽造して政務活動費約1200万円をだまし取ったとして詐欺と虚偽公文書作成・同行使の疑いで書類送検された元県議(51)を不起訴処分としたことを不服とし、狭山市民オンブズマン代表幹事の田中寿夫さん(71)が22日、さいたま検察審査会に審査を申し立てた。

購読申し込み 携帯サイト