2019年3月21日(木)

県内最初の近代水道、秩父・荒川の橋立浄水場で管理棟が完成 旧管理棟が老朽化、更新工事で最新機器備える

管理棟の竣工式典でテープカットを行う久喜邦康市長(中央)ら=20日、秩父市荒川久那の橋立浄水場

 秩父広域市町村圏組合水道局は20日、秩父地域の基幹浄水場である秩父市荒川久那の橋立浄水場で、同浄水場の管理棟の竣工(しゅんこう)式典を行い、集まった関係者約40人が完成を祝った。旧管理棟は1961年の建築で、建物や電気機械設備が老朽化。2016年度から3カ年計画で工事を実施していた。

購読申し込み 携帯サイト