2019年3月21日(木)

<川口いじめ>元生徒側の情報開示請求に、市側は争う姿勢 事実認否は「追って通知」 地裁で口頭弁論

裁判について説明する元生徒側代理人の荒生祐樹弁護士(右)=20日、さいたま市浦和区

 川口市の市立中学校の元男子生徒(16)が、いじめ被害を認定した第三者調査委員会の調査内容などを開示しないのは違法として、市に情報の開示や市教委の不訂正決定の取り消しを求めた裁判の第1回口頭弁論が20日、さいたま地裁(谷口豊裁判長)で開かれた。市側は「棄却を求める」と、争う姿勢を明らかにした。

購読申し込み 携帯サイト