2019年1月25日(金)

<大宮刺殺>彼女いないと生きていられない…女性の勤務先廊下で男待ち伏せ殺害か「別れ話のもつれで」

殺人容疑で送検される男を乗せた車=25日午前8時半ごろ、大宮署

 さいたま市大宮区のビルで、春日部市の会社員金井貴美香さん(22)が殺害され、交際相手の前橋市職員の男(25)が殺人未遂容疑で逮捕された事件で、男が県警の調べに対し、「別れ話のもつれでやった」と供述していることが25日、県警への取材で分かった。勤務先の廊下で待ち伏せしていたとみられ、「(金井さんがいないと)生きていられない」とも話しており、県警はさらに詳しく事情を聴いている。

 県警は同日午前、男の容疑を殺人に切り替えて、さいたま地検に送検した。

 県警捜査1課によると、金井さんの死因は司法解剖の結果、失血死と判明した。首や左胸の刺し傷が致命傷になったとみられる。顔にも傷があったという。

 男は犯行に使った包丁(刃渡り約20センチ)を「自宅から持ってきた」と供述。当日は勤務先を早退し、前橋市内の自宅に一度戻ってから、電車を利用して金井さんが働く大宮区宮町のビルを訪れたとみられる。「(ビル5階の)廊下で待っていた」とも供述しており、県警は男が犯行を決意して職場を早退し、県内に来た可能性があるとみて、直前の状況や金井さんとのやりとりを調べている。

 事件は23日午後6時ごろ発生。金井さんは勤務先があるビル5階の通路で、包丁で首などを刺されて死亡した。

 金井さんは昨年9月以降、男との交際に関するトラブルについて、県警や群馬県警に複数回相談していた。事件当日の23日夜には父親とともに自宅を管轄する春日部署を訪れ、男からの暴力などで、被害届を提出する予定だったという。

購読申し込み 携帯サイト