2019年1月18日(金)

大宮で男性2人刺され負傷 暴力団事務所が入る雑居ビル 県警、逃走の男を捜査 組員同士のトラブルか

男性2人が刺された殺人未遂事件で、規制線が張られ、現場のビルに出入りする警察官ら=18日午後7時ごろ、さいたま市大宮区宮町

 18日午後3時15分ごろ、さいたま市大宮区宮町4丁目の4階建て雑居ビルで、近くにいた男性から「トラブルで腹を刺されているようだ」と119番があった。男性2人がけがを負っており、県警は殺人未遂事件として、逃走した男の行方を捜査している。

 県警捜査4課によると、51歳男性が刃物のようなもので胸を刺され、49歳男性が胸と腹を切られ、けがを負った。2人とも搬送時には意識があったという。刺すなどした男はその場から逃走した。

 県警は殺人未遂事件として、逃げた男の行方を捜索。事件の起きた雑居ビルには暴力団事務所が入っており、暴力団組員同士による何らかのトラブルやけんかがあったとみて、詳しい状況を調べる。

 県警は事件発生後、ツイッターで、「男(50歳位)が男性を包丁様の物で刺して、逃走しております」と投稿。「安全のため、付近では周囲を警戒する・在宅中でも玄関、窓を施錠する等し、不審者を見かけた際は110番通報をお願いします」と注意を呼び掛けている。

購読申し込み 携帯サイト