2018年12月15日(土)

東武東上線で人身事故 踏切内に入った男性、急行列車にはねられ死亡 上下28本運休、5千人に影響/川越

列車にはねられ、男性死亡

 15日午前9時50分ごろ、川越市砂の東武東上線上福岡―新河岸間の踏切で、男性が小川町発池袋行き上り急行列車(10両編成)にはねられ死亡した。

 川越署によると、死亡したのは川越市の無職男性(89)で、遮断機をくぐって踏切内に入ったという。東武鉄道によると、事故で上下計28本が運休、約5千人に影響した。

購読申し込み 携帯サイト