2018年12月14日(金)

大宮高「強歩大会」で女子生徒死亡 判決で学校に注意義務違反、父親「気持ち救われた」

判決後に記者会見する女子生徒の父親(中央)ら=14日午後、さいたま市浦和区内

 2015年に県立大宮高校で行われた「強歩大会」で、2年生の女子生徒=当時(17)=が死亡したのは、学校側の自動体外式徐細動器(AED)による救護が不適切だったためなどとして、父親(45)ら遺族3人が県を相手取り計約7293万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が14日、さいたま地裁であった。石垣陽介裁判長は「学校が適切な救護体制を構築すべき義務を怠った」と学校の過失を認定した上で、女子生徒の死因が不詳で死亡と過失の因果関係が認めらないとして、原告の請求を棄却した。

購読申し込み 携帯サイト