2018年12月12日(水)

「助けて」と声…用水路で倒れた女性発見、死亡を確認 水深20センチ、90メートル上流に女性の靴/所沢

所沢署=所沢市並木

 12日午前11時半ごろ、所沢市小手指町2丁目の用水路内で、女性があおむけに倒れているのを、付近を捜していた警察官が発見し、119番した。女性は搬送先の病院で死亡が確認された。

 所沢署によると、女性は50〜80代とみられ、目立った外傷はなかった。約90メートル上流で女性のものと思われる靴の片方が発見された。何らかの原因で落下したとみられるという。用水路は深さ約2・5メートル、幅約3・6メートルで、水深約20センチ。フェンスやガードレール、植え込みで囲まれていた。

 午前9時35分ごろ、近隣住民の女性(55)が「助けてという声がしたが姿が見えない」と110番。警察官2人が付近を捜索していたところ、通行人の男性(75)から「川に人形みたいなものがある」と届け出があり、女性を発見した。

 同署で身元や死因などを調べている。

購読申し込み 携帯サイト