2018年12月5日(水)

浦和、天皇杯3大会ぶりの決勝進出 鹿島に1―0 マウリシオが先制ヘッド、1点を守り切る

浦和―鹿島 前半27分、浦和のマウリシオ(2)が決勝ゴールを決め喜ぶ=5日、茨城県立カシマサッカースタジアム

 サッカーの第98回天皇杯全日本選手権準決勝は5日、カシマスタジアムなどで実施され、浦和は鹿島に1―0で競り勝ち、3大会ぶりの決勝に進出した。12大会ぶり7度目の優勝と来季のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の出場権を懸けて、9日に初優勝を目指す仙台と対戦する(18時・埼玉スタジアム)。

 リーグ最終節を休ませた興梠らスタメン5人を入れ替えた浦和は、前半27分に柏木のCKをマウリシオが頭で合わせて先制。後半は、興梠、武藤、青木が立て続けに負傷し、交代枠を使い切ったが、球際で激しく戦い、1点を守り切った。

購読申し込み 携帯サイト