2018年11月30日(金)

セクハラ認定の元川越市議、被害女性の懲戒処分を要求「精神的苦痛を被った」 議長に辞職なども求める

被害を受け、会見で心境を明かす女性職員=9月14日午後、さいたま市浦和区

 川越市の元市議(69)が、30代の女性職員にセクハラやパワハラをしたと市議会の第三者委員会で認定されたことを受け、元市議は30日、記者会見し、「実名を公表され精神的苦痛を被った」として、女性職員の懲戒処分を要求したと明らかにした。さらに議会内に特別委員会を設置することや、議長の辞職などを求める申入書を小野沢康弘議長に提出した。

購読申し込み 携帯サイト