2018年11月21日(水)

3200人が来場、トキタ種苗の大利根研究農場オープンデー シェフ調理の野菜試食ブースなどにぎわう

イタリア野菜の栽培展示コーナー=加須市阿佐間のトキタ種苗大利根研究農場

 トキタ種苗(さいたま市見沼区、時田巌社長)の「大利根研究農場オープンデー2018」が加須市阿佐間の同農場で開催され、2日間で計約3200人が来場した。

 種苗や青果の販売をはじめ、シェフが調理した野菜の試食ブースも設けられ、農家や青果の流通業者、地元住民など大勢の人でにぎわった。

 イタリア野菜の栽培展示コーナーでは、ビニールハウス内外に約30品種を展示。ハウス内には12月に新発売する5品種のイタリア野菜があり、バターナッツ「クレマズッカ」や、純白でつやのあるイタリア白ナス「メランツァーネ・ラテ」などの育て方が紹介された。

購読申し込み 携帯サイト