2018年11月21日(水)

いじめ自殺未遂3回、川口市立中の生徒 最初の未遂から第三者委調査まで14カ月…再び未遂、車いす生活に

いじめを受けた被害生徒の母親は「これ以上子どもを傷つけないで」と訴えた=10月12日、川口市

 川口市立中学校の3年生の男子生徒(15)が入学当初からのいじめを苦に3回にわたって自殺を図り、一命を取り止めていた問題で、川口市教育委員会は20日午後、記者会見し、第三者委員会による調査委員会設置・調査開始が最初の自殺未遂から14カ月後だったなど、初期対応での不手際が指摘されていることについて説明した。市教委は調査でいじめを確認できなかったとし、自殺未遂が3回も起きたことを謝罪した。

購読申し込み 携帯サイト