2018年11月16日(金)

<高校ラグビー>17日決勝、攻撃的な昌平と深谷が対決 実力伯仲の両校、強みを出せるかが焦点

豊富な運動量と突破力が光る昌平・プロップ釜谷
力強い前進で攻撃の核となる深谷・フッカー森
準々決勝以降組み合わせ

 ラグビーの第98回全国高校埼玉大会(埼玉新聞社など後援)最終日は17日、熊谷ラグビー場Aグラウンドで決勝を行い、第1シード昌平と第2シード深谷が戦う。優勝校が全国高校大会(12月27日〜来年1月7日・花園ラグビー場)の出場権を獲得。昌平は2年連続2度目、深谷は2年ぶり10度目の全国を狙う。

■2年連続3度目の決勝対決

 両校の決勝対決は2年連続3度目で、過去の成績は1勝1敗。さらに今季の対戦も1勝1敗と、実力伯仲の両校が雌雄を決する決勝を展望する。

 お互いにFW、バックスともバランスの取れた攻撃的なチームで、どちらが強みを出せるかが勝負の焦点。昌平は縦の強さに従来の展開力を加えた厚みのある攻撃が武器。深谷は堅実なFW戦と、機を見てバックスで取り切る柔軟な攻撃が特徴。ゲームメークや、要所でキックを有効的に使えるかも勝敗を左右する。

 攻撃力のある両チームだが、守備にも穴はなくロースコアゲームになると予想。先制点はなんとしても欲しいところで、コンバージョンキックも確実に決めたい。キックの成否が、終盤になって重くのしかかる。

■FW

 平均身長と平均体重は、昌平が168・8センチ、80キロ、深谷が175・6センチ、86・3キロ。深谷にやや分があるが、昌平はサイズの大きい相手と互角以上に渡り合ってきていて、数字だけでは判断できない。ブレークダウンの攻防は互角か。

 昌平は、フッカー柳谷、プロップ釜谷、ロック石毛、坂本、フランカー斎藤の縦の強さは例年以上で、ディフェンスも強い。深谷はフッカー森のボールキャリーから、フランカー国松やナンバー8脇野の突破力を生かす。ロック松井、フランカー中沢のタックルは、相手の攻撃の芽を摘む。

■HB

 縦と横をバランスよく使って攻撃を仕掛ける両チームにとっての生命線。状況に応じて、テンポや目先を変える修正力がポイントになる。

 昌平は、ラグビーを熟知しているSH吉尾の指示が攻撃の要。ラインコントロールのうまいSO鳥居は視野が広く、自分で仕掛けることもできる。深谷はテンポよく球を出し、キックもうまく使えるSH野中と、堅実でパスもランも万能なSO工藤が担う。

■バックス

 両校ともスピードと決定力があり、走らせたら危険。逆サイドにギャップを作らせず、ランナーがスピードに乗る前にいかに止めるかが肝心だ。

 昌平は松村、藤田の両WTBに足があり、鈴木、張ケ谷の両CTBは縦への強さがある。FB村田は機転が利き、バックス攻撃の起点。深谷はWTB金川、CTB間瀬のほか、キレのあるWTB梅沢も速い。FB大屋は思い切りのいいランやキック、CTB野口は的確な指示を伝える声のカバーリングがある。

【過去5年対戦成績】

93回準決勝/深谷34―8昌平
94回決勝/深谷36―14昌平
95回対戦なし
96回準々決勝/深谷59―7昌平
97回決勝/昌平21―17深谷

【昌平の今大会戦績】

▽3回戦105―7所沢北
▽準々決勝64―0慶応志木
▽準決勝43―19立教新座

【深谷の今大会戦績】

▽3回戦113―0西武台
▽準々決勝19―7川越東
▽準決勝25―12浦和

購読申し込み 携帯サイト