2018年10月6日(土)

死亡ひき逃げ、昨年の2倍超 県内1−9月で10件、4件は運転者が飲酒 県警「早い救護で助かる命も」

県警察本部=さいたま市浦和区高砂

 今年1〜9月までに、県内でひき逃げ死亡事故が10件発生し、昨年1年間の発生件数の2倍を既に超えたことが、県警のまとめで分かった。県警交通捜査課は「早い救護措置を取れば助かる命もある。もし事故を起こしてしまったら、ドライバーには負傷者の救護と警察への届け出をお願いしたい」と呼び掛けている。

購読申し込み 携帯サイト