2018年10月2日(火)

クレヨンしんちゃんのテーマ曲、春日部駅で発車メロディーに サビ部分をアレンジ、番線ごとに5パターン

クレヨンしんちゃんのメロディーの発車ボタンを押し、ポーズを取る駅長姿のしんちゃんの着ぐるみ=1日、春日部市粕壁の春日部駅東口

 人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の舞台となっている春日部市。東武スカイツリーラインと東武アーバンパークラインが乗り入れる春日部駅の発車メロディーが1日から、クレヨンしんちゃんの代表曲「オラはにんきもの」をアレンジしたものに変更された。

 同駅東口では発車メロディー変更記念イベントが行われ、着ぐるみのクレヨンしんちゃんと市立第9保育所と私立春日部保育園の園児らが参加した。

 石川良三市長は「発車メロディーがしんちゃんのテーマ曲に変わり、楽しみながらニコニコとした街になり、品位があり、元気になるように」とあいさつ。高橋健一スカイツリーライン営業支社長は「発車メロディーは10秒間の音楽ですが、観光の一助になると思います」述べた。

 会場には発車メロディーボタンが用意され、谷田貝淳春日部駅長としんちゃんの着ぐるみが発車ボタンを交互に押してスカイツリーライン用とアーバンパーク用のしんちゃんメロディーの2曲を披露した。

 当初は特急けごん18号浅草行きの電車から発車メロディーを変更する予定だったが、台風24号の影響で運休になった。午前11時14分の東武動物公園発中目黒行きの普通電車から変更し、しんちゃんらが右手を上げて発車合図を送った。

 発車メロディーは曲のサビ部分をアレンジして5パターンを用意。番線ごとに順次異なる曲が流れるようになった。また、駅名看板や待合室などが、クレヨンしんちゃんの作品キャラクターに装飾され、クレヨンしんちゃんをアピール駅に模様替えした。

購読申し込み 携帯サイト