2018年9月14日(金)

<熊谷6人殺害>妻子を殺害された男性、県を提訴 「県警は危険認識するも注意喚起を怠った」6人に謝罪を

多くのパトカーが集まり騒然とする事件現場=2015年9月16日午後6時半ごろ、熊谷市石原

 熊谷市で2015年9月、小学生姉妹を含む男女6人が殺害された事件で、県警が不審者の逃走などを周辺住民に知らせることを怠ったために、被害を防ぐ手段を取れず妻と娘2人を殺害されたとして、遺族の男性(45)が14日、県を相手取り約6400万円の支払いを求めて国家賠償請求訴訟をさいたま地裁に起こした。男性は同日、さいたま市内で記者会見し、「県警が情報提供してくれれば助かったのではないか。亡くなった6人に謝罪して欲しい」と話した。

購読申し込み 携帯サイト