2018年9月7日(金)

<旅するスマホ27>乗り合いタクシーで500km 砂漠で触れた、人の温かみ 〜サハラ砂漠とマラケシュ〜

メルズーガのラクダたちが休む光景
乗合タクシーで同情した“砂漠の民”(左)と運転手

 埼玉県さいたま市のウェブ制作会社に勤務するヨウスケ(35)が、スマートフォンを頼りに、2カ月かけてユーラシア大陸を陸路で横断。徒歩で800kmの「スペインのサンティアゴ巡礼道フランス人の道」に挑戦し、最終目的地モロッコを目指します。ウェブディレクターならではの視点で、世界のIT状況や、現地の人々との交流をレポートしていきます。

購読申し込み 携帯サイト