2018年9月5日(水)

<台風21号>道路へ街路樹の倒木48件、和光では男性が強風で転倒 春日部など7市町900世帯で停電も

強風のため国道463号の街路樹(ケヤキ)が根元から折れて倒れた=4日午後7時10分ごろ、さいたま市中央区鈴谷

 台風21号は4日夕方から夜にかけて県内に最も接近。雨量はそれほど多くなかったものの、各地で強い風が吹き、さいたま市中央区で国道沿いのケヤキの大木が倒れるなど道路への倒木が計48件に上った。熊谷地方気象台は「街路樹は根があまり張ってない上、夏場で葉が多く茂っていて風を受けやすかったのでは」と指摘。国や県などは街路樹の状況を定期的にパトロールしているという。29件の倒木があったさいたま市は今後、街路樹の健全度調査をすることにしている。

購読申し込み 携帯サイト