2018年8月23日(木)

水鉄砲使ったゲームやご当地グルメも ミャンマー風水かけとの脚折雨乞がコラボ、鶴ケ島で水かけまつり

「水かけまつり」をPRするため、市役所ロビーに展示されている約5メートルのミニ龍蛇=鶴ケ島市役所

 「鶴ケ島水かけまつり」(同まつり実行委員会主催、鶴ケ島市など共催)が26日、市役所駐車場を会場に初めて開催される。入場無料。

 鶴ケ島市が誇る国選択無形民俗文化財の伝統行事「脚折雨乞(すねおりあまごい)」と、同市が東京五輪のホストタウンになっているミャンマーの正月を祝う国民的水かけ行事「ダジャン」が、「水」をテーマにコラボレーションする。

 駐車場に「ずぶぬれゾーン」を設け、男女別の更衣室、手荷物預かり所も設置して思う存分に「水かけ」を楽しめる環境を整えた。

 ミャンマー風水かけの「ダジャン」やミニ龍蛇が練り歩く「ウオーターパレード」をはじめ、水鉄砲を使った「ウオーターガンゲーム」、消防車から空高く水をまく「放水昇天」、ウオーターダンスショーなどがある。

 バザールではミャンマーの料理や菓子、ビールなどのご当地グルメが楽しめたり、民芸品、雑貨も出店。鶴ケ島の茶ラーメン、ハンバーガー、まんじゅう、団子なども販売される。

 午前10時から午後5時半まで。雨天決行、荒天中止。駐車場には限りがあるため、主催者は公共交通機関の利用を呼び掛けている。

 問い合わせは、鶴ケ島市産業振興課(電話049・271・1111)。

購読申し込み 携帯サイト