2018年8月18日(土)

秩父ワイン、3年連続金賞 日本ワインコンクールで獲得 豊かな味造る醸造法、酸がしっかりした辛口の白

金賞と銅賞を受賞した3種類のワインを持つ島田昇さん(左)と妻ナチターさん=小鹿野町両神薄の秩父ワイン

 国産ブドウを使用して造るワインの審査会「日本ワインコンクール2018」の甲州部門(エントリー数136点)で、小鹿野町両神薄の秩父ワインの白ワイン「源作印甲州シュール・リー2017」が金賞に選ばれた。同部門の金賞は3年連続。同社は今回、シュール・リーのほかに出品した2種類のワインが、同部門と別部門で銅賞を獲得した。

購読申し込み 携帯サイト