2018年8月6日(月)

川に流された息子…助けようとした母親、溺れ死亡 息子は無事 カヌー男性が助けるも母親の意識なく/寄居

川で息子流され…助けようとした母溺れ死亡=寄居

 5日午前11時25分ごろ、寄居町桜沢の荒川で、フィリピン国籍の母親(61)=川崎市川崎区小田4丁目=が、川遊び中に流された高校生の長男(17)を助けようとして溺れ、搬送先の病院で死亡が確認された。長男にけがはなかった。

 寄居署によると、母親は、長男や娘家族ら9人と川に遊びに来ていた。母親と長男は100メートル近く流されたという。カヌーに乗っていた群馬県高崎市の男性(46)に救助されたが、母親は既に意識がない状態だったという。

 現場は水難事故が多く、2009年から13件の事故が発生、7人が死亡している。同署は注意喚起に努めていた。

購読申し込み 携帯サイト