2018年8月1日(水)

学力テスト、県内7教科で平均下回る 読み解く問題苦手 一問一答に近いドリル的問題は得意

2018年度全国学力テスト、県とさいたま市の平均正答率

 県教育局は31日、国が小学6年と中学3年を対象に4月に実施した2018年度全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公表した。特別支援学校を含む県内の公立小中学校1238校が参加し、教科は国語と算数・数学、理科。小学の算数A・Bなど実施全10教科中少なくとも7教科で全国平均を下回った。義務教育指導課は「一問一答に近いドリル的問題は得意な一方、問題文や資料を読み解き自分の考えを解答する問題の正答率が低い」と分析している。さいたま市も同日、市内の小中学校160校の結果を発表。小中の全教科で国、県、大都市(政令市と東京23区)平均を上回った。

購読申し込み 携帯サイト