2018年7月12日(木)

女性会社員にわいせつ行為 容疑でブラジル人の会社員を逮捕 防犯カメラ映像から特定/浦和西署

浦和西署=さいたま市中央区上峰

 浦和西署は11日、強制わいせつの疑いで、ブラジル国籍の上尾市瓦葺、会社員の男(39)を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年9月19日午前0時20分ごろ、さいたま市桜区の歩道で、帰宅途中の同区に住む20代の女性会社員の体を触るなどわいせつな行為をした疑い。

 同署によると、女性から110番があり、同署で捜査。防犯カメラの映像などから特定した。男は「体に触れたことは間違いない」と供述しているという。

購読申し込み 携帯サイト