2018年7月11日(水)

車2台にはねられ女性死亡 先にはねたとみられる男を起訴 その後はねて逃走し逮捕された女性不起訴/地検

さいたま地検

 春日部市の県道で4月、高齢女性が車2台にひかれて死亡した事故で、さいたま地検越谷支部は11日、最初にはねたとみられる車の男を自動車運転処罰法違反(過失致死)罪で起訴、その後にはねたとみられる無職女性(74)を不起訴処分にした。起訴されたのはさいたま市の無職の男(44)。

 起訴状によると、男は4月17日、春日部市内の路上で乗用車を運転。交差点を直進する際、近くに住むパート女性=当時(86)=をはねて死亡させたとされる。74歳女性はその後にパート女性をひいて死亡させ、逃走したとして逮捕されていた。同支部は処分理由などを明らかにしていない。

購読申し込み 携帯サイト