2018年7月5日(木)

29歳男性過労死、過酷な深夜業務「仕事辞めたい」 退勤時間後も仕事…隠れ残業や隠れ出勤、常態化か

亡くなった片桐政男さんの祭壇
「弟の真実を認めてもらいたい」と話す片桐英夫さん=6月、さいたま市内

 北本市のラーメン店で、当時29歳の男性社員が過労死した問題。亡くなった片桐政男さんは新入社員で働き盛りの年齢ながら、過酷な深夜業務が続いた末、尊い命を落とした。さいたま労働基準監督署が認定した直近1カ月の総労働時間は約257時間、残業は約89時間。しかし、遺族によると、タイムカードに残らない隠れ残業や隠れ出勤をしていた可能性があり、片桐さんは「仕事を辞めたい」と話していたという。

購読申し込み 携帯サイト