2018年6月28日(木)

長男を撲殺、92歳父親に懲役6年 不満あっても動機は短絡的…「自首」や高齢を考慮/さいたま地裁

さいたま地方裁判所=さいたま市浦和区高砂

 同居する長男=当時(65)=の頭を金づちで殴って殺害したとして、殺人の罪に問われた、深谷市幡羅町、無職田嶋市郎被告(92)の裁判員裁判の判決公判が28日、さいたま地裁で開かれ、河村俊哉裁判長は懲役6年(求刑・懲役8年)を言い渡した。

購読申し込み 携帯サイト