2018年6月15日(金)

金銭トラブル相談で東入間署に訪れた男、不審な点多く…署員が追及 手渡し詐欺事件が発覚、容疑で逮捕

東入間署=ふじみ野市うれし野

 東入間署は13日、詐欺の疑いで、三芳町藤久保、自称会社員の男(21)を逮捕した。

 逮捕容疑は氏名不詳者と共謀して4月14日午後2時半ごろから数回、東京都江戸川区の無職男性(81)方に京都府の長男を装って数回電話し、「俺だよ。会社の金で株を買い損失を出した」「300万円用意しなければならない」「近くの友人を取りに行かせる」などとうそを言って、同月16日午後4時20分ごろ、男性方近くの路上で、現金300万円をだまし取った疑い。

 同署によると、男性は数日後、長男に電話をして詐欺と分かり、警視庁に届けた。13日午前4時前ごろ、男が同署に金銭トラブルで相談に訪れた。事情を聞いた際、不審な点が多かったことから、追及したところ、警視庁の事件で、男性から現金を受け取ったことを認めたという。

購読申し込み 携帯サイト